45.間接照明とは何ですか?

今回は、《間接照明》についてです。

間接照明とは、照明器具から光を直接当てずに、天井や壁などに反射させてその周囲を照らすもの。照度は低くなりますが、光がやわらかい印象になります。

間接照明には、部屋を広く感じさせる効果があります。壁や天井を照らすと立体感が出て広がりが感じられます。間接照明で部屋に陰影をつくると空間にメリハリが出るので、壁と家具の隙間を照らすと奥行きがあるように感じるのもこの効果のおかげです。

また、間接照明には視線誘導効果があります。人の目は暗い所より明るい所を見ようとするので、より見せたいものに光を当てることで視線を向けることが出できます。反対に暗い所は目立たなくする効果があります。

もう一つ、間接照明にはリラックス効果があります。柔らかい印象の光が心を落ち着かせてくれるので心地よいリラックス状態を感じることができます。リラックス状態になることで、快眠、集中力っぷの効果も期待できます。

間接照明とは反対に直接光を当てるものを直接照明といいます。部屋全体を照らし、明るくします。間接照明は直接照明の補助的役割として使用します。

リフォームのご相談依頼はこちらから

お気軽にお問合せください

お電話でのご相談依頼はこちら

0120-400-156

受付時間:9:00~18:00

休業日:日・祝日